FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

サイクリングの記録(東京多摩から)

サイクリングのご参考に。。。

2015/08/14 関門海峡 

8月14日に関門海峡をブラリとしてきました。

下関駅近くにある市営駐車場からスタート!
下関駅に専用の自転車レーンができてましたね。
DSC00383.jpg

カモンワーフにて。
やはりアイスっすかね、
DSC00390.jpg

なんと馴染みのある小野茶のソフトクリームでしたね、
DSC00391.jpg

唐戸市場はこの日は休業日。
食べ物のお店は多分やっているでしょうがパス。
DSC00392.jpg

赤間神宮もパス。
DSC00402.jpg

これからこの海面直下を通っている人道の関門トンネルを通って、門司側へ行ってみるとしますか。
DSC00405.jpg

因みに、ここは壇ノ浦の戦いが行われた場所で、義経の像。
八艘飛びを再現しているらしい。
因みに、八艘飛びとは6メートルほど離れた隣の船に飛び移った事らしいっすが、重い甲冑を着た状況なのでものすごい跳躍力っすね。
DSC00411.jpg

コチラは長州藩が外国を砲撃した大砲。
4門に増えてますね。
DSC00412.jpg

丁度、紙芝居をやってましたね。
多分、耳なし芳一の話でしょうね。
アジア系外国人の方も聞いてました。
言葉は通じないでしょうが、絵があるので多分伝わるでしょう。。。
DSC00413.jpg

人道トンネルへ。
DSC00416.jpg

20円払ってエレベータで地下へ。
DSC00417.jpg

押し歩き厳守です。
自転車で旅をしている人と結構な数すれ違いました。
多分中学生だったと思いますが、少し話をしてみると京都から自走でやってきたとか(驚)
DSC00422_201508161359171b5.jpg

県境にて。
ここから九州へ上陸。
本州から見れば海外ですが、パスポートは必要ありません。(笑)
DSC00425.jpg

門司側へ出てきました。
DSC00437.jpg

いつ見ても川の様に狭いっすね。
船の航行量が多いので、交通センターのオペレータの人はいつも大変でしょうね。
以前」テレビでやっていたので。
DSC00438.jpg

最近ではAISサービスというものがあって、ライブで航行状況が見れるんですね
地図はGoogleの様です。

大きな船が間近で見れるのもこの関門海峡の醍醐味の一つ。
DSC00475.jpg

ちょっと布刈公園に行ってみましょう。
急坂系の上りでした(汗)
ゆうに10%は越えてました。
多分、12~15%クラスの上りだったでしょう。
良い運動にはなりました。
一気に汗だくになりましたが。。。
歴史的な話をすると、ここは門司城があった場所で、戦国時代に大友氏と大内氏、大友氏と毛利氏が争奪戦を繰り返した所。
場所や景色から見ても要所である事が感じられますね。
詳細は歴史群像シリーズ「戦国九州軍記」を。
DSC00446.jpg

コチラは下関側の眺め。
DSC00459.jpg

コチラは門司側の眺め。
ここの展望台で地元の方と江津から来られた方としばしお話をしました。

DSC00462.jpg

門司港にて。
盆休み期間中で賑わってますね。
特に焼きカレー屋さんはどこも待ち状態。
諦めました。。。
DSC00495.jpg

帰途は関門トンネルを通らずに、関門汽船で下関へ。
ご参考に、自転車の運賃はプラス250円です。
DSC00514_20150816140110e35.jpg

乗船した船には、一応、自転車置き場と書いてました。
勿論、自転車をバラさずにそのまま乗せられます。
DSC00518.jpg

潮の流れが速いのと、また航行する船の波等で船がバウンドするので、その時の波しぶきが自転車にかかるので、後で自転車の掃除が必要っすね。
DSC00525.jpg

以上。
ご参考に本日のコースです。
20150814_map1.jpg

詳細はコチラ(HTML
詳細はコチラ(トラックファイル.trk
詳細はコチラ(KMLファイル.kml

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



category: サイクリング(LOOK X85)

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

アクセスカウンター

ブロとも一覧

web拍手 by FC2 にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村